文字サイズ

日本テニス協会 楽天オープン中止で10億円超損失か「非常につらい」

 日本テニス協会は19日、男子ツアーで10月に開催予定だった楽天ジャパン・オープンが新型コロナウイルスの影響で18日までに中止が決定したことで、10億円以上の収入が見込めなくなると明かした。協会副会長で大会ディレクターを務める川廷尚弘氏が都内で取材に応じ、「非常につらいです。悲しくてしょうがない」と顔を曇らせた。

 本来なら東京五輪本番会場となる東京・有明テニスの森公園に世界のトップ選手が集うはずだった。しかし現状を踏まえると、1972年の第1回大会から初の中止を決定せざるをえなかった。

 資金面にも大打撃だ。同協会は19年度で約23億円の収入を上げているが、同協会によれば「半分」の10億円以上の収入減になるという。

 今後は予算の見直しを行っていく。「秋に向けて財政予算の見直しを行う」と高橋甫常務理事は方針を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス