文字サイズ

レスリング代表8人は維持 7月合宿再開へ抗体検査実施、全日本選手権への出場促す

 日本レスリング協会は5日、都内で理事会を開催し、女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)ら東京五輪代表に内定していた8選手を、新型コロナの影響で延期となった来夏まで維持する方針を固めた。日本が五輪出場枠獲得を目指す残り10階級は来春に中国で開催予定の五輪アジア予選に昨年の全日本選手権優勝者を派遣する。会見した富山英明広報委員長は「いろんな意見も出たが、現場の声を優先した結果」と説明した。

 7月には代表合宿再開を予定しており、参加者には事前に抗体検査を実施する方針だという。また、12月に開催予定の全日本選手権に五輪代表選手の出場を促すとし、富山広報委員長は「試合経験がないのは危険なので、できるだけ参加してほしい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス