文字サイズ

柔道選手が“勝負ドリンク”紹介 野村忠宏氏はコーラ、大野将平はさんぴん茶

 来夏の東京五輪で2連覇を目指す柔道男子73キロ級リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(28)=旭化成=が5月31日、オンラインでのトークセッションに参加。拠点である天理大出身の五輪3連覇・野村忠宏氏(45)、シドニー五輪銀メダリストの篠原信一氏(47)との鼎談(ていだん)を行い、1年延期となった東京五輪に向けて「柔道を忘れることはない。取り戻せる自信はある」と宣言した。

 それぞれの“勝負ドリンク”を紹介した。野村氏は現役時代コーラを常飲していたといい「天理の学生の間でも伝説のように語り継がれていた」と大野。海外でも炭酸を抜いて飲んでいたという。大野は練習中さんぴん茶を飲んでいるといい「味がないのも苦手なので、たどり着いたのはお茶だった」と明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス