文字サイズ

5月の夏場所開催方式は結論出ず…芝田山広報部長「方向性を出せる段階じゃない」

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲夏場所(5月10日初日、両国国技館)に関し意見を交わした。新型コロナウイルス感染拡大が見通せない状況。春場所同様、無観客で開催か、観客数を減らし、濃厚接触のリスクを軽減する案が出た。チケット販売の方法も話し合われた。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「結論は出ていない。方向性を出せる段階じゃない。プロ野球などの状況も定まらない」と情勢を見て判断していく。八角理事長(元横綱北勝海)からは緊急理事会開催に備え、各理事には、招集可能な範囲に滞在するよう、要望があった。

 夏場所まで、力士ら協会員には「不要不急の外出を控える」ようすでに通達された。今週末、東京都が外出を控えるよう要請したことを受け、「週末は(外に)出ないように」と各部屋に伝えた。

 また東京五輪の延期に関しても話が出た。両国国技館はボクシング会場として使用予定となっているが、仮に5、9月の本場所開催時期に五輪が重なった場合は本場所を優先する。「本場所の時に貸してくれと言われても困る。5月に(五輪を)やるからどいてくれと言われても無理」と芝田山部長は話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス