文字サイズ

高砂親方、自身の大関昇進伝達式と同じ宿舎での口上に感無量「100点満点」

 日本相撲協会は25日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で夏場所(5月10日初日、両国国技館)番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇朝乃山(26)=高砂=の大関昇進を満場一致で決定した。大阪市内の高砂部屋で行われた伝達式では「相撲を愛し、正義を全うし、一生懸命、努力」と異例の“ヒーロー”口上を堂々と述べた。“愛と正義”の新大関は右四つに磨きをかけ、富山出身では太刀山に続く横綱を目指す。

 37年前、自身の大関昇進伝達式と同じ宿舎で愛弟子が口上を述べた。高砂親方は「この部屋で私も使者を出迎えた。大学(近大)の後輩だし、そういうのは良かった。(口上は)100点満点」と師弟の縁に感無量。角界の看板力士として「立ち居振る舞い、責任を持つこと。日本相撲協会、高砂部屋の看板を背負っている。この看板を汚しちゃいかん」と、訓示した。

 部屋伝統のしこ名「朝潮」襲名はせず、当面、朝乃山のまま。「朝乃山、英樹という名前もいろいろあって、付けてもらって、いま大関にも上がったわけだから。この名前を大事に」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス