文字サイズ

行司胴上げの「神送りの儀式」までNHK放送 内閣総理大臣杯は理事長が代理授与

 「大相撲春場所・千秋楽」(22日、エディオンアリーナ大阪)

 観客のいない異例の場所を、第一人者が締めくくった。横綱白鵬(35)=宮城野=が横綱鶴竜(34)=陸奥=との相星決戦を制し、13勝2敗で2場所ぶり44度目の優勝を決めた。35歳0カ月での優勝は年6場所制が定着した1958年以降では3番目の年長記録。新型コロナウイルスの影響による史上初の無観客場所が終了し、夏場所は5月10日に東京・両国国技館で始まる。

 表彰式は協会あいさつ後に行われ、通常場所とは違い、白鵬は幕内力士の見守る前で天皇賜杯などを受け取った。内閣総理大臣杯は八角理事長が代理で授与した。NHKによる地上波中継も異例の流れとなり、来場所から番付にしこ名が載る力士らが集う「出世力士手打ち式」と、神祭用具の御幣(ごへい)を手にした行司を胴上げする「神送りの儀式」まで、すべての儀式が放送された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス