文字サイズ

競泳賞金制度 入江は歓迎「お金がなければトレーニングもケアもできない」

 「競泳・コナミオープン」(15日、東京辰巳国際水泳場)

 公式練習が14日、行われ、男子背泳ぎの入江陵介(30)=イトマン東進=は、新しく導入された賞金制度を「新しい風が入った感じ。すごく良い流れになる」と歓迎した。

 今大会は日本新記録で500万円、世界新記録で3000万円がコナミホールディングス株式会社から与えられる。直近の2大会の100メートル背泳ぎで自身の持つ日本記録の52秒24に迫る52秒台を出している入江は「お金がなければトレーニングもケアもできない。賞金レースが増えるのはいいこと。盛り上げられるようにしたい」と意気込んだ。

 1月の北島康介杯の200メートル平泳ぎで、前世界記録保持者の渡辺一平(トヨタ自動車)を抑えて優勝した佐藤翔馬(東京SC)は、「テンションが上がってます」と笑顔で喜んだ。

 関係者は「夏に向けて、モチベーションになってくれれば」と選手を応援したい考え。東京五輪で結果を残すためにも、賞金制度の後押しで、偉大な記録に迫りたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス