文字サイズ

横綱白鵬、発熱炎症で初場所休場加療2週間、蜂窩織炎や腰強打

 大相撲の東横綱白鵬(34)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が初場所4日目の15日、日本相撲協会に「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎。今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、場所前に負った右足の傷から菌が入って蜂窩織炎になり、14日夜から発熱。2日目の平幕遠藤戦で敗れた際に土俵で腰を強打し、炎症もあるという。2場所連続44度目の優勝を狙ったが、3日目にも平幕妙義龍に敗れて2日連続で金星を与え、1勝2敗と不振だった。これで鶴竜の一人横綱となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス