文字サイズ

五輪シングルス代表逃した水谷隼「全く後悔ない」目の不調抱えて完走

グランドファイナルで初戦敗退となり、五輪シングルス代表を逃した水谷隼
3枚

 「卓球・ワールドツアー・グランドファイナル」(13日、鄭州)

 男子シングルス1回戦が行われ、リオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼(30)=木下グループ=は、世界ランク6位のカルデラノ(ブラジル)に1-4で敗れた。これで来月発表の世界ランクで日本勢3番手となることが確定し、北京、ロンドン、リオ五輪と3大会続いていたシングルス代表の座を逃すことが確実となった。

 五輪代表争いでは、今大会前に張本智和(16)=木下グループ=が1番手に確定しており、2番手だった丹羽孝希(25)=スヴェンソン=を抜くには今大会で4強に入るしかなかった。敗れた水谷は「元々、大会前から厳しかった。(代表レースが)終わったなという感じ。全く後悔はない」と、やり切ったという表情で話した。

 ただ、2年前から目の不調に悩まされており、レース終盤には腰も痛めるなど、本来のパフォーマンスができなかったのも事実。「この1年間納得できる試合がなかった」と振り返り、「目のこともあってモヤモヤしていて、練習も試合もつらかった。今までにないくらい卓球を嫌いになった」と、ずっとジレンマを抱えていたことを明かした。

 競技人生の集大成と位置づけていた東京五輪に向けて、シングルス代表は逃したが、来月発表される団体戦代表(1人=強化本部推薦)に選出される可能性は残る。「まだ五輪に出られる可能性はあるので頑張りたい」と前を向いた。

 ◆水谷 隼(みずたに・じゅん) 1989年6月9日、静岡県磐田市出身。5歳から卓球を始め、福原愛らがいた青森山田中へ進学。全日本選手権では高校2年だった07年大会で最年少制覇を果たすと、19年大会では前人未到の10度目の優勝を達成した。08年北京五輪から3大会連続で五輪に出場。リオデジャネイロ五輪ではシングルスで日本勢初の銅メダルを獲得し、団体でも日本男子初の銀メダルとなった。172センチ、63キロ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス