文字サイズ

“悪女”の横井ゆは菜 悔しさと充実感のSP 急きょトーループ跳びミス最小限

 「フィギュアスケート・NHK杯」(22日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年女王の紀平梨花(17)=関大KFSC=が79・89点で2位発進した。首位は85・04点をマークしたアリョーナ・コストルナヤ(16)=ロシア。完璧な演技で紀平の持つ世界最高を1・07点更新した。

 今季シニアデビューの横井ゆは菜(19)=中京大=は連続3回転ジャンプを予定していた冒頭のフリップで手を付き、「ノーミスしたかった」と悔やんだ。

 しかし急きょ後半の3回転ルッツに3回転トーループを付け、ミスを最小限にとどめただけに「納得している部分もある。練習してきたことを出せた」と充実感も。テーマの悪女を演じきった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス