文字サイズ

白鵬が1敗キープ 2敗で追う朝乃山は新三役で勝ち越し 輝3敗目 貴景勝は7勝目

 碧山(右)を寄り切りで下した白鵬
2枚

 「大相撲九州場所・10日目」(19日、福岡国際センター)

 新三役の小結朝乃山(高砂)が明生(立浪)を寄り切って、8勝2敗として勝ち越しを決めた。

 スケールの大きい相撲が持ち味の朝乃山は、しっかりと相手と組んで勝負をつけた。優勝争いにも踏みとどまっている。

 1敗の横綱白鵬(宮城野)は碧山(春日野)を寄り切って優勝争い単独首位を守った。

 大関貴景勝(千賀ノ浦)は琴勇輝(佐渡ケ嶽)を突き出して7勝目。大関は豪栄道(境川)と高安(田子ノ浦)が休場しており1人となったが、奮闘している。

 平幕で2敗だった輝(高田川)は照強(伊勢ケ浜)に敗れて3敗に後退した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス