文字サイズ

本田真凜「頭が真っ白に」ミス相次ぎ7位

 「フィギュアスケート・GP中国杯」(8日、重慶)

 女子フリーが行われ、SP6位の本田真凜(18)=JAL=は106・36点の合計168・09点で7位。

 本田は涙をこらえ「自分に対して怒りの気持ちでいっぱい」と言った。冒頭の3回転フリップは回転不足。着氷が乱れると「完璧を目指しすぎているときのよくない癖が出た。頭が真っ白になってしまった」とその後もミスが相次いだ。GP2戦で表彰台に届かず、12月の全日本選手権まであと1カ月余り。「自分がどういうスケートを目指していきたいか見つめ直したい」と言葉を振り絞った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス