文字サイズ

“かすみう”ペア練度高まる ルーマニアに3-0!卓球団体・日本女子が準決勝進出

 「卓球・W杯団体戦」(8日、東京体育館)

 東京五輪のテスト大会を兼ねて、女子準々決勝が行われ、前回2位の日本はルーマニアを3-0で下して4強入りを果たし7大会連続のメダル獲得を決めた。第1試合のダブルスは石川佳純(26)=全農、平野美宇(19)=日本生命=組が3-1で先取し、第2試合は伊藤美誠(19)=スターツ=が3-0で完勝。第3試合は石川が3-2で勝負を決めた。準決勝は韓国と対戦する。

 日本女子の命運を握る“かすみう”ペアの練度が高まってきた。この日は出だしで相手のスピードに押され第1ゲームを落としたが、馬場監督の指示で相手のバック側からフォア側に打つコースを変更。付け焼き刃のペアなら難しい“アドリブ”だが、大会前から入念にペアで練習してきただけに、石川は「お互いの連携ができたから思い切って変えられた。それが勝因」と胸を張った。リオ五輪までは団体戦第3試合に行われていたダブルスだが、東京五輪では第1試合に行われるため、流れを決める上で重要性が高まった。平野は「五輪もこの方式なので慣れないといけない」と使命感を燃やす。

 メダルは確定したが「ここ(4強)を目指してきたわけじゃない」と平野。来年の五輪を占う上でも、本当の戦いはここからだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス