文字サイズ

バレー男子日本、42年ぶりメダルはならず 世界1位ブラジルに12年ぶりセット奪うも

日本-ブラジル 第3セット、スパイクを決める柳田=広島県立総合体育館
2枚

 「バレーボール・男子W杯、日本1-3ブラジル」(14日、広島県立総合体育館)

 世界ランキング11位の日本は、同1位でリオデジャネイロ五輪金メダルのブラジルと対戦し、1-3(17-25、26-24、14-25、25-27)で敗れ、勝ち点20のままで、最終戦を残して4位が確定。42年ぶりのメダル獲得はならなかった。

 史上初の5連勝の勢いで王者と激突した日本だったが、12年ぶりにブラジルからセットを奪う健闘を見せたが、最後は地力の差を見せつけられた。ブラジルの3度目の優勝が決まった。

 目下30連敗、8連続ストレート負け中の王者に、史上初の5連勝で28年ぶりの4位以上を確定させた日本の勢いが通用するかに注目が集まったが、善戦したものの届かなかった。

 第1セットから今大会好調の西田、石川の強打、小野寺の速攻でブラジルに食らいついた日本だったが、中盤からパワーの違いで引き離され、押し切られた。しかし、第2セットは幸先良く3連続ポイントでスタートさせると、もつれた中盤は石川が流れを作り、最後は24-24からピンチサーバーで登場した柳田主将の好サーブで26-24で奪い返した。日本がブラジルからセットを奪うのは07年のこの大会以来12年ぶりだった。

 第3セットはいきなり5連続失点で流れを持っていかれ、あっさり奪われると、第4セットは再び競り合う形となったが、最後は振り切られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス