文字サイズ

栃ノ心、痛恨の反則負けで3敗目 阿炎のまげを引っ張る

 「大相撲秋場所・4日目」(11日、両国国技館)

 大関栃ノ心(春日野)が、阿炎(錣山)と対戦。反則負けで3敗目を喫した。

 土俵際で相手の頭を押さえるようにはたき込み、阿炎は土俵外へ。軍配も栃ノ心に上がった。だが、すぐに物言いがつき、審判団が協議。その後、「行司軍配は栃ノ心に上がりましたが、曲げをひっぱっており反則で阿炎の勝ちとします」と説明されると、場内が騒然となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス