文字サイズ

白鵬 快挙の渋野と対面希望 ウイニングパットを絶賛「20歳にして横綱、大関相撲」

 稽古中、琴勇輝(右)と言葉を交わす白鵬
2枚

 大相撲の横綱白鵬(34)=宮城野=が6日、ゴルフの全英女子オープンを制した渋野日向子(20)=RSK山陽放送=に「今度会って手を握ってみたい」と対面を希望した。

 脱帽したのは優勝を決めた最後のパット。「相撲の立ち合いに似ている。立ち合い落としたら負ける。その緊張感に近いものを感じた。20歳にして横綱、大関相撲」と史上最多42度の優勝を誇る勝負師もびっくりだった。

 ゴルフも80台の腕前で「ゴルフもスポーツ全般も好き」と言う。ゴルフ熱にまた火が付いた様子で「したいね」とうずうずした。

 同じくゴルフ好きの横綱鶴竜(33)=井筒=も最終ラウンドはテレビ中継にくぎ付け「(午前)3時まで見てた。いいもの見られた。(Vパットの瞬間は)『おー、すげーっ』って声が出て拍手していた」と興奮した。

 同じアスリートとして、「ずっと笑っている」姿が印象的だった。「普通通りにやることの大事さ。(メンタルを)自分で修正できる能力がある。笑うことで余計な力が抜ける。ボールを打つ前は顔が変わる」。精神を一定に保つことの大切さを改めて実感した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス