文字サイズ

新十両の朝玉勢 同級生・朝乃山との“近大コンビ”で部屋引っ張る!

 日本相撲協会は24日、名古屋市内で秋場所(9月8日初日、両国国技館)の番付編成会議を行い、玉木改め朝玉勢(あさぎょくせい、26)=高砂=と魁勝(かいしょう、24)=浅香山=の新十両昇進を決めた。ともに愛知県内の宿舎で会見した。最十両は青狼、彩(ともに錣山)。

 朝玉勢は夏場所で平幕優勝した同部屋の朝乃山と近大の同級生。「一緒にプロに入って向こうは優勝もして、あこがれというかそんな感じだった。刺激?多少はあった」。これからは名門高砂部屋を近大コンビで引っ張っていく。師匠・高砂親方(元大関朝潮)は「朝乃山にすぐ追い付く気持ちでやってほしい。いいものを輝かしきれていない。玉は磨かないと」とさらなる奮起を求めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス