文字サイズ

ウィザーズ八村、前半6得点4リバウンド 2試合ぶり出場

試合前のウォームアップで笑顔を見せる八村(撮影・小林信行)
試合前のウォームアップで笑顔を見せる八村(撮影・小林信行)
2枚2枚

 「NBAサマーリーグ、ウィザーズ-ホークス」(11日、ラスベガス)

 ウィザーズの八村塁は2試合ぶりに出場し、前半は16分プレーし、6得点4リバウンドだった。32-34で試合を折り返した。

 前試合、9日(日本時間10日)のクリッパーズ戦は他の選手に出場機会を与えるため、休養を兼ねてプレーしなかった八村。2試合ぶりにスタメンに復帰したこの日は開始2分でチーム初得点をマークした。フリースローライン付近でパスを受け、フェイントを入れてから中へもぐりこみ、ジャンプショットを沈めた。

 その後はボールをもつ機会が少なく、残り1分26秒で放ったシュートは外れた。第1クォーター(Q)は9分36秒プレーし、2得点3リバウンドだった。

 第2Qはベンチスタート。残り6分3秒でコートに戻り、同1分12秒でスリーポイントラインからシュートフェイクの後にドリブルで中へ入り、ジャンプショットに成功。同35秒にはゴール下のシュートでファウルを誘い、フリースロー2本をきっちり決めて計6得点とした。

 八村はNBA初実戦となった6日のペリカンズ戦でチーム最多の33分36秒プレーし、14得点5リバウンド、1アシスト、2ブロックショット。8日のネッツ戦は29分24秒出場し、19得点7リバウンド、1スチール、1ブロックショットだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス