文字サイズ

鶴竜、栃ノ心が4連勝 大関陣もそろって白星も…貴景勝が右膝痛める【夏場所4日目】

足を気にしながら土俵を下りる貴景勝=両国国技館(撮影・出月俊成)
遠藤を押し出しで下した鶴竜(左)=両国国技館(撮影・出月俊成)
2枚2枚

 「大相撲夏場所・4日目」(15日、両国国技館)

 一人横綱の鶴竜(井筒)と関脇栃ノ心(春日野)は、ともに4戦全勝とした。前日の3大関が敗れる波乱からは一転、3大関がそろって勝ち、上位陣は安泰だった。

 鶴竜は前頭二枚目遠藤(追手風)を押し出しで下した。また、栃ノ心(春日野)は玉鷲(片男波)を寄り切って全勝を守った。

 前日、北勝富士に初黒星を喫した新大関の貴景勝(千賀ノ浦)は、御嶽海(出羽海)を寄り切ったものの、右膝を痛めて今後が心配される。

 大関豪栄道(境川)は琴奨菊(佐渡ケ獄)を上手投げで下し、3勝1敗とした。大関高安(田子ノ浦)も北勝富士を突き出して2勝2敗と五分に戻した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス