文字サイズ

北勝富士、センパイの意地星 貴景勝吹っ飛ばした!「がむしゃら。覚えていない」

 「大相撲夏場所・3日目」(14日、両国国技館)

 平幕北勝富士が新大関貴景勝の連勝を2で止めた。相手の猛攻を強烈なおっつけではね返し、真っ向勝負で押し出して完勝。4歳下の埼玉栄高後輩に先輩の意地を見せた。大関3人が総崩れし、豪栄道が遠藤に寄り切られ初黒星。高安は御嶽海にはたき込まれ2敗目。一人横綱の鶴竜は琴奨菊にヒヤヒヤ勝利し、初日から3連勝とした。全勝は鶴竜、関脇栃ノ心、平幕竜電、朝乃山、千代丸の5人。

 北勝富士が最後は執念のど輪で貴景勝を土俵下に吹っ飛ばした。「がむしゃら。覚えていない。前に出る相撲だけを考えた」と無我夢中。快進撃の新大関を止める大きな令和1勝を手にした。

 4連敗中だった強敵に真っ向勝負。猛攻を左のおっつけで食い止め逆襲。強烈な右おっつけで相手を起こし後退させた。距離を詰め、相手のはたきも封じた。馬力自慢の新大関を完璧に攻略した。

 出世で逆転を許した埼玉栄高後輩に先輩の意地。「大関もいい相撲が続いている。その相手にはたきとかじゃなく真っ向勝負で勝てた。今後の相撲に生かせる」と相撲人生でも価値ある勝利だった。

 初日から見せ場なく連敗。「考え直した。上がって来た時の気持ちを考えた。がむしゃらだった。前相撲から始めた時、早く場所が始まって早く相撲が取りたい、と思っていた」。昨年の夏場所は途中休場していた。「土俵に上がるのを感謝。支えてくれた人に恩返し」と原点に返り、自分を取り戻した。

 25本の懸賞も手にしホクホクの新元号初勝利。「(懸賞が)めっちゃ回ってる~って気合も乗った。人間なので。勝ち星を増やして、令和の間には引退すると思うので負け越さないように」と、ここから逆襲を誓った。

 先場所、新三役に昇進したが、負け越して陥落した。場所後に昇進祝賀会が予定されている。「かっこがつかない」と、1場所で三役返り咲きを決める気は満々だ。貴景勝を止め、新時代の主役争いに名乗りを上げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス