文字サイズ

貴景勝“凱旋”でフィーバー 満員御礼4500人大声援「大関~」

 大声援を受ける中、ファンにサインを書く貴景勝
1枚拡大

 大相撲の春巡業が3日、兵庫県加古川市で開催され、同県出身、新大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=の“凱旋”フィーバーとなった。満員御礼4500人が駆け付け「大関~」の大声援が飛び交った。

 “時の人”をひと目見ようと、会場入り口付近には人だかり。稽古場に現れると大きな拍手。稽古後にはサイン攻めと、人だかりができた。グッズも「あっという間」(販売関係者)に完売した。

 大関となって以降、初めての地元巡業。両親も駆け付け故郷に錦を飾った。「応援してもらってありがたい。実感が徐々に沸く」と感激した。

 この日は土俵回りで基礎運動を行い、じっくり下半身を鍛えた。目指すは新元号「令和」初の優勝。夏場所(5月12日初日、両国国技館)へ向け「新しい元号で新しいスタート。しっかり自分の相撲を取りたい。いい成績を残したい。もっと兵庫県が盛り上がるように頑張りたい」と、声援への恩返しを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス