文字サイズ

貴景勝、春巡業稽古は「今まで通り」 大関に昇進しても“オレ流”貫く!

 「神宮奉納大相撲」(31日、伊勢神宮)

 新大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=が、三重・伊勢神宮で行われた神宮奉納大相撲に参加。1日に奈良・五條で本格開始する春巡業の稽古では“オレ流大関”で調整する考えを示した。

 大関、横綱は関取を指名し、同じ相手と何番も取る三番稽古が通常。関脇以下は申し合いと呼ばれ相手が次々に代わる。新大関は「指名しなくてもいいし申し合いに入っていけばいい。自分が判断していく」と、今後、じっくりと最善を探る。

 まずは重視している基礎運動。「馬力を上げる。大関になったからじゃなく今まで通りやる」と大関昇進前と変えるつもりはない。

 この日は伊勢神宮で大関初の三役土俵入りなどを務めた。幕内力士トーナメントでは初戦敗退したが「大関!!」と大声援が飛んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス