文字サイズ

ラグビー日本代表、キーワードは“8人のシンクロ” スクラム強化で動き確認

スクラム練習を終えてプロップ稲垣(中)は長谷川スクラムコーチ(右)と意見交換する
1枚拡大

 「ラグビー日本代表候補合宿」(15日、沖縄県読谷村・残波岬ボールパーク)

 午前中の練習でFW陣がスクラムの動きを確認した。

 動画も静止画も撮影禁止とされる中、8対8に分かれて一回一回動作を確認しながら、ぶつかり合った。

 プロップ稲垣啓太(29)=パナソニック=は「8人のまとまりを意識していますね。キーワードは“8人のシンクロ”。8人がどれだけ一体になって動けるか」と解説。

 一方がジャパン式のスクラム。相手役に回る方が、パターンを変えてぶつかる。どんな相手にも対応できるスクラムの構築が目標だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス