文字サイズ

横綱白鵬 主催大会をさらに拡大 来年は「白鵬五輪」

 1回戦敗退した愛息・真羽人くんに声をかける白鵬
1枚拡大

 大相撲の横綱白鵬(33)=宮城野=が主催する小中学生の大会、第9回「白鵬杯」が11日、東京・両国国技館で開催された。東京五輪イヤーとなる来年の第10回大会は「ジュニア白鵬カップ・オリンピック大会としてやりたい」と意気込んだ。

 最大のモチベーションとしている五輪にちなみ、自らの冠大会もド派手にする。「16年はモンゴルで世界大会が開かれた。(そのときは)約40カ国が参加した。来年はそれを目指す」。今年は日本、モンゴルなど8つの国、地域から参加者が1100人以上に達したが、さらに国際的に拡大するプランだ。

 愛息の真羽人くん(小4)は個人の部で逆転の投げに屈し1回戦負け。「負けて覚える相撲がある」と子供らには悔しさを糧とすることを望む。世界の相撲少年のために最強横綱はまだまだ土俵に君臨する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス