文字サイズ

白鵬が横綱13年目にしみじみ「ケガ、病気はあったけど…」 白鵬杯は9回目

 大相撲の横綱白鵬(33)=宮城野=が主催する日本、モンゴルなど8つの国、地域から小中学生が参加する大会、第9回「白鵬杯」が11日、東京・両国国技館で開催された。

 相撲の発展、普及を目指し大会規模も徐々に拡大してきた。白鵬は「9年は長い年月。自分が今年5月場所が終われば(横綱)13年目に入る。ケガ、病気はあったけどうまく付き合いながら現役でやってこられた」と、しみじみとかみしめた。

 前人未到の優勝41回に積み上げ、通算1105勝、幕内1011勝と史上1位の記録を伸ばし続けるのは将来の相撲界のため。「(大鵬の)32回優勝をした時にさみしい思いをした。大きな記録を打ち立て今の子供にさみしい思いをさせないようにしたい」と、力を込めた。

 来年は節目の10回目で記念大会になる。16年、モンゴルで開催された世界大会は20カ国以上が参加。「来年はそれを目指す。ジュニア白鵬カップ・オリンピック大会としてやりたい」と、参加国、地域をさらに増やし、東京五輪イヤーにちなんだ「白鵬・五輪」開催へ意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス