文字サイズ

柔道男子・井上監督 友人の稀勢の里へねぎらいの言葉「心からお疲れさま」

 取材に応じる井上康生監督
1枚拡大

 柔道日本男子の井上康生監督(40)が16日、引退した横綱稀勢の里について「心から『お疲れさま』という言葉しかない。けがを負って苦しい闘いの連続だったにもかかわらず、言い訳せずに最後まで戦い抜いたことは本当に素晴らしい」と話した。数年前から親交があり、この日も本人からメールで報告を受けたという。

 自身も現役時代に大胸筋断裂のケガを負っており、“先輩”として体験談も話していた。「ケガの重みはやってみないと分からない部分がある。もっと何か強く伝えられる言葉があれば、と。それで(現状が)変わったかは分からないが、あらためて引退と聞かされて感じた」と後悔の念が残っていると語り、本人にもそのことを伝えたと明かした。

 この日は全日本男子の強化合宿を東京都多摩市内で実施。新年を迎えたこともあり「2020年へ重要な年になる。あらためて、今年一年またやってやろうと思った」と決意を新たにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス