文字サイズ

稀勢の里を横審ら疑問符「15日間あれじゃ持たない」稽古総見たった6番…3勝3敗

 鶴竜(手前)に押し出され苦しそうな表情を見せる稀勢の里(中央)。右は白鵬、左端は八角理事長
1枚拡大

 「大相撲初場所」(13日初日、両国国技館)

 東京開催場所前恒例の横綱審議委員会(横審)による稽古総見が7日、東京・両国国技館で行われ、右膝負傷で先場所を途中休場し初場所に進退の懸かる横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=は横綱、大関陣と申し合いで鶴竜(井筒)、豪栄道(境川)と6番取り、3勝3敗だった。気迫全開の一方で息切れや、立ち遅れて押し込まれるなど完全復調アピールはならず。見守った横審委員らから不安、疑問の声が上がった。

 稀勢の里の気迫はすさまじかった。最初の一番、豪栄道に攻めを耐えて逆襲。圧力をかけて寄り切ると「アー!!」と吠(ほ)えた。

 だが続かない。早々に息が上がった。鶴竜には立ち合いで押し込まれ1勝3敗。6番目、豪栄道を倒れ込みながら送り出した際、左足を俵で打った。稽古は途中終了。バタバタの内容で結局、1度も得意の左四つで寄る相撲はなかった。

 「(左足は)ちょっと俵で打ったけど問題ない」と軽症を強調。10勝を挙げた昨年秋場所前の総見と比べ、「(内容は)悪くない。体の動きはいい。自信になる」と本人は手応えを口にした。

 見守った周囲は疑心暗鬼だ。横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は「一生懸命な感じは分かるけど少し不安が残る」と及第点には至らず。岡本昭委員(岡安証券最高顧問)は「横綱らしい相撲を取っていない」とダメ出し。先場所後、初めて「激励」を決議した横審の不安は拭えなかった。

 元横綱で解説者の北の富士勝昭氏は「一見、元気に見えた」と苦笑い。番数がたった6番に首をかしげ「長続きしない。すぐ根を上げちゃう。稽古の短さが気になる。15日間あれじゃ持たない」とスタミナ不足を嘆いた。

 運命の初日まで6日、本人は腹をくくり出陣する。「もっと前に前に攻める意識を持ってやっていく」と退路はない。勝負の年かと問われると「やるだけです」とキッパリ。本番で勝ちを重ね、低評価を見返すだけだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス