文字サイズ

稀勢の里、稽古で高安を圧倒 寄り、押しに安定感「思ったような相撲多かった」

 「大相撲初場所」(13日初日、両国国技館)

 右膝負傷で先場所を途中休場し初場所に進退の懸かる横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が3日、弟弟子の大関高安(28)相手に今年初めて相撲を取る稽古を行い、16番取り14勝2敗と圧倒した。

 ど迫力の立ち合いから素早く右前ミツを取って攻勢。寄り、押しともに安定感があった。稽古始めの前日、「体の動きがいい」と言った手応え通り、突き、押しの激しい攻防も崩れずに制した。

 「力をお互いに出し切った。高安のデキがだいぶいい。全身が痛い。圧力がすごい」と稽古内容に納得。昨年末、高安と三番稽古を始め、この日が4日ぶり4度目。「やりたいようにやれてきた。思ったような相撲が多かった。修正するところがたくさんあるけど」と、表情は明るい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス