文字サイズ

ザギトワ連覇へ万全 GPファイナルへロシア勢3選手が調整

調整するアリーナ・ザギトワ(撮影・國島紗希)
コーチの指示を聞く(左から)アリーナ・ザギトワ、宮原知子、紀平梨花
2枚2枚

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(6日開幕、バンクーバー)

 開幕を前に公式練習が5日(日本時間6日)、会場リンクで行われた。上位6選手のみで争う女子は、日本から宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)、紀平梨花(関大KFSC)の3選手がエントリー。残る3選手は、ザギトワ、トゥクタミシェワ、サモドゥロワのロシア勢だ。

 昨年大会女王ザギトワは、フリー「カルメン」の曲かけで3回転ルッツ--3回転ループの連続ジャンプを着氷するなど、大きなミスなく演じ切り、好調っぷりをアピール。2連覇へ向け、万全の調整を終えた。トゥクタミシェワも、曲中でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷するなど仕上がりは上々だ。

 女子SPは日本時間7日14時から行われる。1番滑走がサモドゥロワ、2番がトゥクタミシェワ、3番が紀平、4番が宮原、5番が坂本、最終6番滑走がザギトワに決まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス