文字サイズ

紀平梨花 日本初GPデビューVへ、朝練習でトリプルアクセル5度着氷

紀平梨花
1枚拡大

 フィギュアスケートのGPシリーズ第4戦NHK杯(広島県立総合体育館)は9日、開幕し、男女ショートプログラム(SP)が行われる。午前練習が行われ、日本初のシニアGP初出場初優勝の期待が懸かる紀平梨花(16)=関大KFSC=は、得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を入念に確認。5度しっかりと着氷させた。

 SP「月の光」を掛けた練習では、冒頭のトリプルアクセルを成功。続く3回転フリップは2回転となったが、最後に3回転ルッツ-3回転トーループは鮮やかに決めた。重圧からかミスも目立っていたが、最後のトリプルアクセルはしっかりと決めて練習を終えた。

 前日会見では「今回の大会では完ぺきに演技をして、トリプルアクセルも決められたらと思います!」と話していた紀平。SP1本、フリー2本の計3本のトリプルアクセルを組み込む予定。伊藤みどり、浅田真央という日本女子のエースが武器としてきた“伝家の宝刀”とともに、偉業に挑む。

 ◇日本女子 主な選手のGPデビュー戦

 荒川静香 96年NHK杯     7位

 村主章枝 96年NHK杯     6位

 安藤美姫 04年スケートアメリカ 3位

 浅田真央 05年中国杯      2位

 鈴木明子 08年NHK杯     2位

 村上佳菜子10年NHK杯     3位

 宮原知子 13年NHK杯     5位

 坂本花織 17年ロシア杯     5位

 山下真湖 18年スケートカナダ  2位

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス