文字サイズ

本田望結、紗来と全日本ジュニアで姉妹対決が実現「互いに自分に集中して頑張りたい」

演技を終え、満足そうな表情を浮かべる本田望結(撮影・國島紗希)
真剣な表情で演技する本田望結(撮影・國島紗希)
演技する本田望結(撮影・國島紗希)
3枚3枚

 「フィギュアスケート・西日本選手権」(4日、日本ガイシアリーナ)

 ジュニア女子のフリーが行われた。本田真凜(17)=JAL=の妹で女優の本田望結(14)=関大中=が99・19点、合計150・62点で8位に入り、全日本ジュニア選手権(23~25日、福岡市)の出場権を獲得した。10月の全日本ノービス選手権で2位となり、全日本ジュニアの出場権を得ている妹の紗来(11)=京都醍醐ク=との直接対決が決まった。

 演技後、両手をポンとたたいて笑顔を咲かせた望結は、6分間練習から時間が最も空く最終滑走だったが「しっかり落ち着いてできた」と満足げ。「(同大会に出場している)兄(太一)から靴を履くタイミングとか、時間の使い方のアドバイスをもらった」と感謝し、「全日本へ行くんだと気持ちを入れて、スケートを中心にやってきた成果が出た」と振り返った。

 この日、応援に駆けつけた紗来との対決は「初めてではないけど、大きな大会なのでお互いに自分に集中して頑張りたい」と言い、全国大会レベルでは初の直接対決に気合十分。「去年は全日本ジュニアに行けて(そこで)満足してしまった。今年はそれ以上を目標にしたい」と、昨年の20位から一気に上位進出を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス