文字サイズ

稀勢の里が4連勝 鼻血を流しながら巨漢・魁聖を寄り切る

4連勝も鼻血を流しながら土俵を降りる稀勢の里=両国国技館(撮影・西岡正)
魁聖を寄り切りで下す稀勢の里=両国国技館(撮影・金田祐二)
2枚2枚

 「大相撲秋場所・4日目」(12日、両国国技館)

 8場所連続休場からの復活を期す横綱稀勢の里(田子ノ浦)は、魁聖(友綱)を寄り切って4連勝とした。

 巨漢の相手とがっぷり組んだ。左を差し下手をとったが、相手に右上手を許し苦戦した。ここで焦らず、相手の上手を切ってから、自分が右上手を引いて前へ。約1分の相撲の末に白星をものにした。

 館内は大歓声。稀勢の里は熱戦で鼻血を流し、何度もぬぐっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス