文字サイズ

大坂なおみ 日本選手初の四大大会制覇!S・ウィリアムズにストレート勝ち

 セリーナ・ウィリアムズからポイントを奪った大坂なおみ(共同)
 女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(提供・共同通信社)
2枚2枚

 「テニス・全米オープン」(8日、ニューヨーク)

 女子シングルス決勝が8日(日本時間9日早朝)、米国ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで開催され、世界ランキング19位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、6-2、6-4で同26位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=に勝利し、日本選手初のグランドスラム制覇を達成した。

 第1セット、大坂は第3ゲームでブレークに成功してリズムをつかむと、第5ゲームも再びブレーク。自らのサービスゲームは落とすことなく6-2奪った。

 第2セットは第4ゲームでウィリアムズにブレークを許すが、続く第5ゲームにブレークバック。いら立ちを募らせたウィリアムズはラケットをたたき付けて破壊。警告を受けると冷静さを失い、審判に執拗に抗議。第6ゲームをあっさり失うと、第7ゲームもブレークされた後も抗議を続け、ゲームペナルティーを受けた。このため第8ゲームは戦わずして大坂のゲームとなり、3-5とした。

 続く第9ゲームはウィリアムズがキープしたが、第10ゲームで大坂は40-30としてマッチポイントを迎える。最後はサービスエースで日本選手初の快挙を達成した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス