文字サイズ

大坂なおみ 第3ゲームで早くもブレーク成功 日本選手初GS初制覇へ好発進

 女子シングルス決勝 セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(共同)
1枚拡大

 「テニス・全米オープン」(8日、ニューヨーク)

 女子シングルス決勝が8日(日本時間9日早朝)、米国ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで開催され、世界ランキング19位の大坂なおみ(20)=日清食品=が、日本選手初のグランドスラム制覇を懸けて同26位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=と対戦。第1セット第3ゲームで大坂がブレークに成功し、先手を奪った。

 ウィリアムズのサーブで始まった決勝はともに最初のサービスゲームをキープ。1-1で迎えた第3ゲームで、30-40と大坂がブレークポイントを迎えた。ここでウィリアムズがダブルフォールトをしてしまい、大坂がこの試合最初のブレークに成功した。第5ゲームでも0-30とリードされながら4連続ポイントでブレークを決めた。

 四大大会で日本女子初の決勝進出を果たした大坂に対し、元世界ランク1位のウィリアムズは通算23勝。両者の対戦は過去に一度あり、今年3月のマイアミオープン・1回戦。この時は大坂が6-3、6-2でストレート勝ちしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス