文字サイズ

山根会長、辞職必至 8日に「男のケジメ話す」不正疑惑で大半理事が総辞職を要求

 理事会を終え、帰路に就く日本ボクシング連盟・山根会長
1枚拡大

 助成金の不正流用や不正判定に揺れる日本ボクシング連盟は7日、大阪市内で緊急理事会を開催した。約3時間に及ぶ理事会後、取材に応じた山根明会長(78)は自身の進退について一任されたことを明かし、「明日12時に私の気持ちを皆さんに言います。男としてのケジメを話すので時間を下さい」と、会長の職を辞する可能性に言及した。

 意を決したかのように、山根会長は言葉を切り出した。「心は整理できました。明日12時に私の気持ちを皆さんに言います。山根会長が人生を懸けてモノを言いますから。男としてのケジメの話をしますので、今日は時間を下さい」と辞職の可能性に言及し、報道陣の前で頭を下げた。

 3時間に及んだ理事会では、自身の進退について一任されたことを明かし「決めてません」と明言を避けた。出席した理事からは「健康を心配してもらっている。胸を打たれましたね」と話し、周囲から辞任を迫る動きはなく、進退の一任についても反対意見はなかったと強調した。

 午後3時過ぎに自宅を出て理事会に向かう際には「(辞職は)やりません」と決然と宣言していた。自らの潔白を主張するかのような白いジャージーに身を包み、無数のフラッシュを浴びながら200人超の報道陣が集まった会場に入った。

 だが、複数の関係者によると約30人の理事会メンバーのうち、吉森副会長を含む少なくとも25人が辞職を検討しており、山根会長に対して理事会の総辞職を求めたとみられ、最終的には周囲の説得に応じる形となった。

 理事会を終えたメンバーの表情は一様に硬く、側近だったはずの吉森副会長は無言で、山口常務理事は「全て会長に一任することになりました。それ以上は話はできません」と足早に去っていった。

 外堀が埋められる引き金となったのは、告発側ですら触れていなかった反社会的勢力との交友関係を自ら暴露したことだった。連盟内外から批判の声が強まり、理事会内でも「ボクシングを守るため、自浄しているところを見せなければならないという空気になった」という。

 この日も再び「反社会の人間と交際があったことは事実でございます」と認めて墓穴を掘った。最も声を荒らげたのは「自分の判断は自分で決めます。暴力団に脅迫されて判断は決めてません」と主張した部分だったが、脅しに屈した訳ではないと強調する姿勢に、周囲との乖離(かいり)があらわになった。アマボクシング界を根底から揺るがせた騒動は収束に向かうのか。“ドン”の語る結論に注目が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス