文字サイズ

柔道女子 朝比奈沙羅、単独でモンゴル合宿敢行「草原で投げつけられた」

 柔道女子78キロ超級代表の朝比奈沙羅(21)=パーク24=が22日、グランプリ(GP)ザグレブ大会(27~29日、クロアチア)出発前に羽田空港で取材に応じ、6月に単独でモンゴル合宿を敢行していたことを明かした。

 将来医師を目指す女子重量級のエースが、新たなチャレンジを行っていた。朝比奈は6月中旬に東京で行われた国際合宿に参加後、単独で一週間モンゴルに渡航。男子では近年、単独で海外合宿を行う例があるが、今回引率のコーチはいたとはいえ、女子選手1人での武者修行は初めてだという。

 現地では同国女子代表の合宿に参加したほか、1日だけウランバートルの草原に赴き、モンゴル相撲も体験した。「モンゴル相撲は手をついていいので柔道に近い部分がある。独特な体の使い方を学びたかった」。今年横綱になった人と元々知り合いだったこともあり、プロの男子選手を相手に取っ組み合った。「草原に投げつけられたり、擦り傷をつくりまくりながら…」。変幻自在な投げる技術を身をもって体感し、何かを得た様子だ。

 176センチ、130キロの恵まれた体を武器に世界選手権銀メダルまで登りつめたが、あと一歩上を目指すためには何でもヒントにする。「今までは自分の体だけでぶつかっていたが、繊細に自分の体を使えるように。成長した姿を見せられれば」。遊牧民の移動式住居であるゲルにも一泊し、乗馬も体験するなどモンゴル文化を満喫して帰ってきた。

 3カ月ぶりの実戦となるGPザグレブ大会は、初制覇を狙う世界選手権(9月、バクー)の前哨戦になる。「4月の皇后杯から久しぶりの試合。国際大会に強いのが自分の持ち味なので、いい形で世界選手権につなげたい」と気合を入れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス