文字サイズ

ダン・カーター神鋼入団会見 スーパースターは「キャリアを神戸で終わらせる」

 背番号10のユニホームを手にポーズをとるダン・カーター。左は福本正幸チームディレクター
1枚拡大

 ラグビー、トップリーグの神戸製鋼に加入した元ニュージーランド代表SOダン・カーター(36)が16日、神戸市内で会見した。15年W杯で史上初の2連覇に貢献したスターは「キャリアを神戸で終わらせようと思っている。何年後かは分からないが」と、神戸で選手生活を終える覚悟を口にした。

 日本でのプレーを希望していたことから、神戸製鋼と2シーズンの契約を結んだ。チームは03-04年シーズン以来、リーグ優勝から遠ざかっており「ぜひ貢献したい」と豪語。8月31日の開幕戦、NTTコミュニケーションズ戦(神戸)での出場を目指す。

 競技は違うものの、サッカーのJ1神戸にはロシアW杯スペイン代表MFイニエスタが加入。「スペインのレジェンド。よく彼がプレーする姿を見ていた」と印象を語った。

 ◆ダン・カーター 1982年3月5日、ニュージーランド・サウスブリッジ出身。ニュージーランド代表として112キャップを誇る。世界最優秀選手賞3回(2005年、12年、15年)。テストマッチ1598得点、スーパーラグビー1708点得点はともに歴代1位。178センチ、96キロ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス