文字サイズ

豪栄道 七夕の願いは優勝「目標はでかい方がいい」

 「大相撲名古屋場所」(8日初日、ドルフィンズアリーナ)

 初日を翌日に控えた7日、15日間の場所の安全を祈願する土俵祭りがドルフィンズアリーナで行われ、八角理事長(元横綱北勝海)ら協会幹部、三役以上の力士らが参加した。会場入り口には七夕の笹が飾られ、大関豪栄道(境川)は短冊の願い事を「優勝」と書いた。

 「目標はでかい方がいい。小さいことを書いても仕方がない」と、2度目優勝に照準。

 一門では新大関の栃ノ心(春日野)が誕生し、先輩大関としても負けられない。「刺激し合える相手が増えたのはいい。稽古もいい感じで積めた」と、自信を持って場所に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス