文字サイズ

テニス、伊藤竜に代わって綿貫アジア大会の代表

 日本テニス協会は21日、今夏のジャカルタ・アジア大会代表として選出していた伊藤竜馬(北日本物産)に代わって20歳の綿貫陽介(日清食品)が入ると発表した。

 アジア大会のシングルス優勝者は2020年6月8日付世界ランキングで300位以内であることなどを条件に東京五輪の出場資格を獲得する。しかし、同日付のランキングで各国・地域4人を上限に男女とも上位56人に割り当てられる出場権を日本選手が最大4人得た場合は、アジア大会で優勝しても出場資格が無効になる。この条件が伊藤竜に当初伝わっておらず、本人が個人戦のスケジュールを優先させたい意向を表明したという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス