文字サイズ

柔道・海老沼匡、73キロ級での国際大会デビュー戦へ「未知の世界」

今年初戦となるロシアでの大会に出発する海老沼匡=成田空港
1枚拡大

 柔道男子66キロ級で五輪2大会連続銅メダリストの海老沼匡(28)=パーク24=が13日、グランドスラム(GS)エカテリンブルク大会(17~18日、ロシア)に出場するため成田空港から出発した。昨夏73キロ級に転向してから初の国際大会となるが、「すごく楽しみ。73キロ級は未知な世界だが、楽しんで試合をしたい」と意気込んだ。

 これまで試合の度に大幅な減量に苦しんできたが、今回は5キロの減量幅でコンディションをキープしたまま練習を積んできた。ただ、階級が1つ上がれば相手の体格もパワーも格段に上がるため、「外国人は力も強いし(66キロ級に比べて)間合いも1まわり大きい」と警戒。「まずは73キロ級の外国人に慣れて、その中で勝ち切る、投げ切ることができれば」とテーマを設定した。

 日本代表争いに目を移せば、同階級は五輪王者の大野将平(旭化成)、世界王者の橋本壮市(パーク24)、20歳の立川新(東海大)らがいる激戦区だ。海老沼は「もう28歳なので、結果を出さないとすぐに切られてしまうと思っている」と覚悟をのぞかせ、「1チャンスをものにしないといけない。しっかり勝ちにこだわりたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス