文字サイズ

相撲協会 貴乃花親方と近しい元顧問に賠償訴訟

 日本相撲協会は28日、元顧問の小林慶彦氏(62)と同氏が代表取締役を務める会社を相手取り、25日に約1億6500万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に提起したことを発表した。

 配布された資料で「元顧問が表向きは被告会社の受託業務の履行という形を取りながら裏では施工会社から8000万円を受け取ったり国技館改修工事の業者選定に不当に介入したりする等、極めて悪質な行為を繰り返した」と指摘した。

 元顧問は貴乃花親方と近しい間柄として角界内では知られている。同親方が八角理事長と争った16年の理事長選では同親方を支援。3月の春場所前には同一門の決起集会にも駆け付けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス