文字サイズ

世界新の羽生、驚異の得点詳細 ジャンプはほぼ“満点”構成点はオール9点台後半

男子SPで演技する羽生結弦=モントリオール(共同)
3枚

 「フィギュアスケート・オータムクラシック」(22日、カナダ・モントリオール)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦に臨んだ、平昌五輪で66年ぶりとなる連覇を狙うソチ五輪金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は、完ぺきな演技でいきなり世界最高得点を更新する112・72点をマークし、首位発進を決めた。前世界王者で盟友のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が101・20点で2位につけた。

 五輪シーズンの初戦で、王者がいきなり圧巻の滑りを見せた。得点詳細では流れのある着氷を決めた冒頭の4回転サルコーで、出来栄え点(GOE)で満点の3点の加点を引き出した。後半のトリプルアクセルもGOEは満点の3点。最後の4回転トーループ-3回転トーループも2・8点のGOEで、ジャンプはほぼ完ぺきといえる内容だった。

 表現面を評価する5項目の演技構成点(各10点満点)では、パフォーマンス、構成での9・8点を筆頭に、曲の解釈でも9・75点などすべて異次元の9点台後半をマーク。演技後は両手を広げ、どうだ、といわんばかりの表情を浮かべた羽生。「自分自身しっかりとこの構成でいい演技ができたこと、本当にミスなく、質としても納得できる演技SPを終えられた」。軽度の違和感を抱える右膝の不安を吹き飛ばす、王者の演技だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス