文字サイズ

カーリング女子LS北見が平昌五輪へ 藤沢「中部電力さんがいたから成長できた」

平昌五輪出場権を獲得したLS北見の(左から)藤沢五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里
五輪出場権獲得を決め、喜ぶLS北見の選手たち
ショットを放つLS北見の藤沢五月(中)とスイープする吉田夕梨花(左)、鈴木夕湖
3枚3枚

 「カーリング女子・平昌五輪代表決定戦・第4試合、LS北見9-5中部電力」(10日、アドヴィックス常呂カーリングホール)

 3戦先勝方式で第4試合が行われ、2勝1敗で王手をかけていたLS北見が勝利し、平昌五輪出場権を獲得した。

 LS北見は後攻の第1エンド(E)、相手のショットミスにも助けられ、3点を先制。第4Eには、スキップ藤沢五月(26)が中央にピタリと寄せる好ショットを決め、2点を追加した。初の五輪出場となる藤沢は「このチームで、この常呂という地で試合ができて私は幸せ者です。中部電力を辞める時に絶対負けないからと言われ、お互い成長できた。中部電力さんがいたからここまで成長できた。中部電力さんと戦えてよかった」と喜びを語った。

 代表決定戦は今年の日本選手権覇者である中部電力と、昨年覇者のLS北見が対戦。先に3勝した方が代表権を獲得することになっていた。男子はSC軽井沢クが出場権を獲得している。

 これまでカーリング女子は98年長野五輪、14年ソチ五輪の5位入賞が最高。LS北見のサード吉田知那美(26)はソチ五輪、リザーブ本橋麻里(31)はトリノ、バンクーバー五輪を経験している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス