文字サイズ

桐生が日本人初の9秒台、伊東浩司の記録を19年ぶりに塗り替える

 日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で日本新記録となる9秒98をマークした桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場
 日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、9秒98の日本新記録を樹立し喜ぶ桐生祥秀=9日、福井県営陸上競技場
 男子100メートル決勝 9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀。右は10秒07で2位の多田修平=福井県営陸上競技場
3枚3枚

 「陸上・日本学生対校選手権」(9日、福井県営陸上競技場)

 男子100メートル決勝で、桐生祥秀(東洋大)が日本人で初めて10秒を切る9秒98を記録した。気象条件は公認記録が認められる追い風1・8メートルだった。

 従来の記録は伊東浩司が1998年のアジア大会(バンコク)で出した10秒00で桐生は19年ぶりに日本記録を更新。これまでの自己ベストで日本歴代2位だった10秒01を0秒03縮めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス