文字サイズ

羽生結弦 “レアル級”凱旋帰国で、空港一時騒然

大勢のファンに迎えられ笑顔の羽生結弦=羽田空港(撮影・金田祐二)
大勢のファンに迎えられ笑顔の羽生結弦=羽田空港
報道陣からの質問に笑顔を見せる羽生結弦=羽田空港(撮影・金田祐二)
3枚3枚

 フィンランド、ヘルシンキで行われたフィギュアスケートの世界選手権で、3季ぶり2度目の金メダルを獲得した羽生結弦(22)=ANA=が4日、羽田空港に凱旋帰国した。

 空港には昨年、サッカーのビッグクラブ、レアル・マドリードが来日した時と同じ約500人のファンが集結する大フィーバー。警備にあたった警察が「走らないでください!」、「危ないですから、移動は控えてください!」と、叫ぶなど空港は一時混乱した。

 胸に金メダルを輝かせ、大歓声に出迎えられると、笑顔で歓声に応えた。「五輪の後を彷彿とさせる長い列で迎えてくださって、非常に気持ちよく帰国できました」と、笑顔で話した。

 羽田空港で500人が集まったのは、昨年のレアルの来日。15年のラグビーW杯で3勝を挙げた日本代表の帰国などであるが、1人のスポーツ選手の帰国では異例の数となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス