文字サイズ

浅田真央 3回転半失敗で痛恨0点 構成点では地力【SP採点詳細】

 女子SPで演技する浅田真央=東和薬品ラクタブドーム
 女子SPの演技を終え、舌を出す浅田真央=東和薬品ラクタブドーム
妖艶な演技を見せる浅田真央
3枚3枚

 「フィギュアスケート全日本選手権」(24日、東和薬品ラクタブドーム)

 女子SPが行われ、復活を期す元世界女王の浅田真央(中京大)は60・32点で8位となった。冒頭、トリプルアクセル(3回転半)に果敢に挑んだがジャンプが抜けてしまいシングルアクセル(1回転半)に。さらに、このジャンプは得点が認められず0点になってしまった。基礎点8・5点という大技なだけに、結果的には順位に影響した。

 一方でスケート技術や曲の解釈などを評価する構成点は32・69点をマークした。これはSP首位の宮原知子の34・86点に次ぐ数字だった。

 以下、浅田のSP採点の詳細。得点は出来栄えを評価するGOEも加味してある。※は後半のジャンプで、加点がある。

 【技術点】 27・63点

 (1)1回転アクセル 0・00(規定で得点が認められず)

 (2)3回転フリップ-2回転ループ 4・90(3回転フリップが回転不足)

 (3)フライングキャメルスピン レベル4 3・99

 (4)3回転ループ※ 6・31

 (5)レイバックスピン レベル4 3・34

 (6)足換えコンビネーションスピン レベル4 4・50

 (7)ステップシークエンス レベル3 4・59

 【構成点】 32・69点

 【合計】 60・32点

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス