文字サイズ

羽生結弦は「急にハイテンションになる」 田中刑事が素顔明かす

エキシビションで華麗な演技を披露する羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・棚橋慶太)
3枚

 フィギュアスケート男子で、NHK杯で2連覇を果たした羽生結弦(21)=ANA、初の表彰台となる3位に入った田中刑事(22)=倉敷芸術科学大、女子で2位に入った宮原知子(18)=関大=が、27日放送のNHK総合「サンデースポーツ」(日曜、後9・50)に出演し、同級生の田中が羽生の素顔を「急にハイテンションになる」と明かした。

 インタビュアーを務めたプロフィギュアスケーター・織田信成が「お互いの性格、どう思っている?」と質問。田中は「急にハイテンションになる」と即答。織田に「詳しく教えてほしい」と言われると、「いろいろありすぎて…。本当に、ついていけないんですよ、テンションに」と、苦笑いした。

 これに対して羽生は、田中のことを「受容量が半端ないんですよ。僕が何かしらマシンガントークをしたとしても、何でもうなずいてくれる。何でも受け止めてくれる。女房役的な」と、広い心で受け止めてくれる田中に感謝した。

 羽生と田中は同学年。田中は羽生について「ノービスの時から一緒に戦ってきて、ジュニアで彼がトップを走って追いつかない存在になったんですけど、こうして同じNHK杯で、一緒の舞台で戦えることは本当にうれしい」とし、さらに「もっと戦っていく気持ちを強く持たないといけないなと思いました」と、気を引き締めた。

 これに対して羽生は「単純にうれしい。(自分は)すぐにシニアに上がって戦ってきたので、やっと来たかという気持ち。すぐに表彰台にのぼってきたのでうれしいですね」と、田中の躍進に笑顔がはじけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス