文字サイズ

羽生結弦 貪欲にジャンプの進化求める 4回転ルッツ習得も視野

インタビューで笑顔をみせる羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「フィギュアスケート・NHK杯」(27日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 自身3度目の300点超えで連覇を達成し、GPファイナル(12月・仏マルセイユ)進出を決めた羽生結弦(21)=ANA=が一夜明け会見に臨み、前人未踏の4連覇の懸かるファイナルに向け「1歩1歩進めている実感はある。ファイナルもいけるし、全日本までの3連戦を健康な状態で臨めたら」と、意気込みを語った。

 今大会では4回転ループに成功。練習では4回転ループに3回転トーループをつける連続ジャンプにも取り組んでいる。また、フリーの最後に4回転トーループや、4回転サルコーを跳ぶ練習も始めている。「こんなに疲れていても跳べるんだという自信がつく」と、意図を説明した。

 また、来季以降を見据え、視野に入れているのが4回転ルッツの習得。昨年、左足じん帯を痛めたことを受け「ルッツは足にあまり負担が掛からない。まだ来季に組み込むとかそういう話ではないけど、視野には入れている」と明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス