文字サイズ

羽生結弦が圧勝、ファイナルへシリーズ最終戦NHK杯

 男子フリーで4回転ループを成功させた羽生結弦の連続合成写真(右から左へ)=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2枚

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦、NHK杯第2日は26日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、男子は羽生結弦が、今季世界最高をマークしたショートプログラム(SP)に続いてフリーも首位で、合計でも今季世界最高の301・47点で、この大会2年連続3度目の優勝を果たした。12月のGPファイナルへの進出が決定。

 フリーで4回転ジャンプを成功させた羽生は連続ジャンプでの転倒こそあったが、197・58の高得点をマーク、合計268・91点で2位のネーサン・チェン(米国)に大差をつけた。田中刑事がSP、フリーとも3位の合計248・44点で3位。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス