文字サイズ

羽生結弦、余裕の演技「遠くのお客さんまで視線」【優勝インタビュー一問一答全文】

メダルを披露する羽生=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
3枚

 「フィギュアスケート・NHK杯」(26日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 男子フリーが行われ、SP首位の羽生結弦(ANA)はフリーで197・58点、合計301・47点を獲得し、大会連覇を果たした。4連覇を目指すGPファイナル(12月9日開幕、マルセイユ)進出も決めた。田中刑事(倉敷芸術科学大)は合計248・44点で初のGPシリーズ表彰台となる3位に入った。日野龍樹(中京大)は合計207・15点で9位だった。優勝インタビューでは「遠くのお客さんまで視線を移しながらやることができた」と余裕を持って演技できたことを明かした。以下、優勝インタビューの一問一答全文。

 -ほっとした様子。

 「今日は非常に緊張していて、昨日のリベンジをしたいという気持ちもあって。ループはなんとか耐えることができましたけれども、まだまだ、まだまだというか、まだまだだな(笑)。まだまだ、やるべきことがたくさんあると思うので、また次に向けて頑張っていきたいと思います」

 -「もうちょっと」という仕草を演技直後に見せた。

 「冷静に考えてみたら全然もうちょっとじゃなかったので。ショートはもうちょっとだったんですけど。かなり頑張ってきます」

 -4回転4本。

 「しっかり4回転まわりきっての4つは初めてですし、最後のアクセルがトリプルつけることができませんでしたけど、それでも後半のトリプルアクセル2発は体にも来ますし、点数的にも印象的にも自分の武器になるのでそういった面では良かったなと思います」

 -演技全体では。

 「ジャンプとしては結構課題がありますし、フリープログラムに関してはスピン、ステップまだまだできたなあというところがたくさんあるんですけれども、何より、今回、日本ということで非常に温かい空気の中で滑ることができました。ショートは最前列しか見ることができなかったんですけど、フリーは遠くのお客さんまで視線を移しながらやることができたので、それは今後につながるいいステップだなと感じました」

 -同学年の3人。田中は3位に入った。

 「心からうれしいです。日野選手、もっと来いやあと思ってます(笑)」

 -3人での大会は楽しかったですか。

 「純粋に楽しかったです。僕自身、フリーの前は余裕がなかったんですけど、田中選手の演技が素晴らしいことが皆さんの反応で分かって。多分、刑事は見ていないと思うんですけど、(田中がリンクから)帰る時に拍手できたので、そういう面では大人になってきているのかなと思います」

 -300点超えでGPファイナル。

 「ファイナル行けて本当に良かったなあと思うのと、300点超えを日本のこの地ですることができたので、次へ向けてしっかり調整しながら、ファイナルでもいい演技を目指して頑張っていきます」

 -ファンへ。

 「今日は本当にありがとうございました。ショートは自分自身ロックスターになった気分でやらせていただきました。フリープログラムでは自分の滑る喜びを皆さんの前で感じることができました。本当にありがとうございました。これからも頑張ります。お願いします。ありがとうございました」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス